返済方法を計画的にシュミレーション

よく部屋の賃貸契約をする際に物件賃料は自分の収入の1/3程度が目安になりますが、借入れの際はどうでしょう。借入金額にもよりますが、無理のない返済をする為にも返済方法を計画的にシュミレーションしておく必要があります。借り入れ金額を毎月返済していく中で支払がきつくなる月もあるでしょうし、逆に余裕がある月だってあるでしょう。余裕がない場合には繰り越して、余裕がある場合には繰り上げ返済をしていくといいでしょう。借入れ期間が短くなれば、気持ちにも余裕が出来てきて精神衛生上とても良いですよね。借入れ期間が長くなってしまうと延滞金もかさんでしまいますし、利息過払いになるケースも出てきてしまって、無駄な金利を支払うことになってしまい、それでは計画的では無くなってしまいますので、返済方法も常に見直す必要があります。毎月家計簿をつけるなどして、調整するところはして無理のない返済をしていくべきでしょう。借入れ返済期間が長くなれば、全体として支払う利息は大きくなります。しかし、借り入れた本人にとってもっと大きな負担が借入れ金元金返済額なのです。収入に対する出費は毎年変動しますが、元金返済は変動に合わせてくれません。もし、返済額に見合うお金が余ってなければ結局また借入れしなければなりません。リスク負担を小さくするためにできるだけ借入れ金元金返済額負担を少なくすることが資金繰りに追われない借入れ返済の鉄則であると思います。