法定金利

当然ながら、借入れをする時に注意しなければならないことは、利息がいくらに設定されているかです。法定金利が設定され、法律上、むやみに高い利率の利息を請求することができなくなりました。また、そのため、ある一定額以上の利息は、基本的には支払わなくても良いことになっています。また、2010年に法律が改定され、今では無収入の人がむやみにお金を借りることができないようになりました。しかし、収入がなくても、病気や家賃の支払いなど、どうしても必要な場合があります。アルバイトやパートをしていても、年収が103万円以下の場合は、無収入とみなされ所得税がかかりません。このような無収入の主婦が借金をしようと思ったときに、キャッシングできる業者がなかにはあります。大抵は、借りる際に条件があり、夫の同意書であったり、住民票であったります。また、金利も高い利率に設定されているため、他の金融機関と比べるととても不利な条件になります。できれば、借入れをしないに越したことはありません。しかし、どうしても必要になった場合は、利息が法定金利を超えていないかどうか、返済できなかったときにどのような処理がなされるのかなどを十分に理解した上で利用する必要があります。可能であれば、親戚や親しい友人、知り合いに借入れできるのが最も良いのですが、難しい場合は、選択の一つとして念頭に入れるのは良いのですが、注意点も留意しておくと良いでしょう。