民間の金融企業

借入れをするというと銀行など民間の金融企業を思い浮かべますが、、自治体などからも借入れをすることができます。市役所や区役所など、各自治体で市民、区民に対して融資を行っており、身近な公的融資です。これから住宅の購入を考えている場合は、自分が住んでいる地域、または、働いている地域に自治体融資があるかどうかを確認してみると良いでしょう。自治体融資の場合は、借入れできる金額に上限があることが多いですが、利率が有利な場合もあります。民間の金融機関から借入れる場合と、自治体のような公的機関から借入れる場合、または、生命保険や預金を担保にして借入れをする場合等、それぞれメリット、デメリットがあります。公的機関の場合、営利を目的としていないため、利率が他よりも低く、その代わりに、借入れ額が少ないケースが多いです。しかし、金利が低いというのは利用者にとっては大きなメリットですので、借入れ先の一つとして検討するのも選択肢の一つです。また、重要なことの一つとして、自治体融資には、当然ですが融資条件があります。条件は各自治体によって異なり、それぞれで定められています。自治体から融資を受けるためには、その地域にある一定以上の期間、居住していることが条件になったり、収入に上限があったりしますので、融資資格を条件をクリアしているかどうかなどを自治体の窓口等で相談すると良いでしょう。借入れするところは調べてみると意外に多くあるものだと気づきました。